企業情報

プライバシーポリシー

交通アクセス

問い合わせ

採用情報


サイトマップ Top 企業情報 沿革



企業情報
沿革
経営理念
家族感謝祭・朝礼標語・・・
TVCM
求める人材像
メールマガジン
社長ブログ




製品&技術
品質への取り組み
環境への取り組み
メセナ活動






昭和32年3月
〔1957.3〕

伊那市本町3701番地において、社名・三洋写研として創業。印刷関係・出版社向けの写真凸版を製作。
昭和36年7月
伊那市室町3750番地に工場新築、業務を移転、同時に三洋写研株式会社、資本金30万円にて法人開設。
昭和42年3月
写真製版業に加えグラビア印刷部門開設。併せてグラビア工場を完成、3色輪転機を設置。
昭和42年3月
グラビア部門の増大に伴い社名変更、名称三洋写真印刷工業株式会社となる。電子工業部門を併設。
昭和45年9月
本社屋並びにグラビア新工場新築完成。グラビア輪転5色機導入、工場敷地600坪となる。
昭和46年4月
伊那市工場誘致条例適用指定工場を受ける。グラビア製版設備、メッキ設備増強。
昭和46年10月
第二工場用地、1550坪取得。
昭和48年5月
第二工場建設、3年計画第一期工事完成。
昭和48年7月
グラビア輪転6色機、ラミネート機設置。
昭和48年8月
第二工場倉庫新築完成。
昭和51年8月
第二工場3階建管理ビル、同工場増築。新6色輪転機を導入、スリッター、製袋部門も併設して生産システムのライン化を完成。
昭和51年8月
第二工場、伊那市荒井区川北坂上3768番地へ本社を移転。旧本社工場を第二工場として、デザイン、製版、事業部として開設。
昭和55年3月
製版事業所、シンクラボラトリーシステム77、ダイレクト製版装置を導入。
昭和57年6月
事務処理OA化を導入。製版カメラ、明室自動プリンター機導入。
昭和60年3月
製版事業部、製版のハイテク化を拓くため、グラビア製版工程の自動化、無人化ライン、シンク、ブーメラン装置を導入、工場増築。
昭和60年4月
本社工場グラビア印刷機、給紙ジョイント制御装置を一新。
平成元年3月
創業30年を迎えて、本社工場増築。グラビア7色振分輪転印刷機、DLラミネートマシン等増設。
平成2年9月
製袋棟、スリット棟の増築及び設備設置。
平成3年9月
製版能力増強のため、無人ブーメラン等増設。
平成4年5月
社名変更 三洋グラビア株式会社となる。
平成5年8月
伊那インター工業団地内に約7000坪、新工場用地を取得する。
平成6年3月
CCDカメラ搭載型・検品機導入。
平成6年5月
AIシステム搭載型カラースキャナー及びデジタル分色機導入。
平成6年5月
東京都日野市に東京営業所開設。
平成7年1月
Macデザインワークシステム、導入。
平成8年11月
社内LANシステム導入。
平成9年4月
タック事業部を開設。
平成9年7月
Macデザインワーク増設(ArtWorker 新設)
平成9年8月
タックシール印刷機導入、新ガスクロマトグラフ導入。
平成10年4月
東京都中野区に東京営業所移転。
平成10年8月
社工場及び第二工場をリフレッシュ改修。Macデザインワーク増設(ArtWorker 増設)大型イメージセッター導入。大型カラープリーフ導入。
平成11年7月
「ハイブリッドグラビア」製法特許取得。
平成11年11月
Macデザインワーク増設。
平成11年12月
ISO9001品質システムを登録。
平成12年10月
へリオクリショグラフK500ファナックロボットシステム導入。
平成13年11月
第三工場(ウイングファクトリー)完成。東芝製9色振分輪転機増設。本社工場より7色、8色振分型輪転機の改造及び移設。
平成14年5月
エコ管リサイクルシステム運用開始。
平成15年6月
本社機能移転。
本社機能、デザイン部を伊那市大字西箕輪2415番地伊那インター工業団地内に移転し旧本社を第1工場とする。

平成15年9月
レーザー製版設備、Laser Stream-FX、coating FX、ファナックロボットシステム導入。
平成16年
DLインライン欠点検出器設置。6インチアルミ管巻取システム開発。
平成17年
お客様サポート室開設。
平成18年8月
東海営業所開設。
愛知県春日井市に東海営業所を開設。

平成19年
SGP−1生産管理システム導入。
平成19年
DLチェンバードクター、三液調合システム導入。
平成20年
高速スリッター機導入。
平成20年
Macデザインワークシステム・ヘリオコム、バージョンアップ。光ネットワーク化。
平成20年
梱包ライン・バキュームリフト導入。
平成20年
(社)日本印刷産業連合会よりグリーンプリンティング工場として認定を受ける。
平成21年
ウイングファクトリー増床工事。
ラミネート工程・スリット工程をウイングファクトリーに移設。

平成22年
MGT(マイクロガスタービン)システム稼動。
平成25年11月
エクストルージョンラミネート機導入。
平成26年9月
第2工場から「むろまちファクトリー」に呼称変更。
平成27年
長野市に長野営業所開設。
平成28年1月
ISO9001・ISO14001、2015年度版に全面リニューアル更新。
平成29年6月
製版部門を本社ウイングファクトリーに移設
全自動レーザー製版設備NEW−FX3、彫刻機K500 TypeG4 導入